トップページ > ミーティング・ナビ「完全マニュアル」 > はじめに知っておきたい基礎知識

はじめに知っておきたい基礎知識

まずはじめに、みなさんが感じている疑問にお答えします。

医療関係セミナーってどのくらい前から企画するものなの?

開催する規模(人数)にもよりますが、会場予約をする必要があるため、およそ半年前には企画したいものです。

それよりも直近になると、希望する会場の空きがなく、会場規模を変更せざるを得ないケースも生じるため、なるべく早く始動したほうがよいです。

医療関係セミナーを運営するには、どのくらいの金額がかかるの?

こちらも開催規模や形式、仕様によって大きく異なります。

一般に100名弱の規模で会館や中規模ホテルの宴会場などで実施する場合は、金額が低くなりますし、100名以上の規模で大規模ホテルの大きな宴会場にて講演会と懇親会を行う場合には、金額が高くなります。

詳細は、「無料コンサルティング」にぜひお問い合わせください。

医療関係セミナーのやり方ってどんな方法(種類)があるの?

大きく2つに分類できます。

1つは新製品発表会などの「講演会」+「懇親パーティー(立食)」のスタイルと、
学会の学術大会などに多い、「講演セミナー」+「展示会」のスタイルがあります。

医療関係セミナーの実施は、どんな場所でできるの?

開催規模(人数)により、さまざまな場所が選択肢となります。おもに国際展示場や会館、ホテルの宴会場、公共施設内の会議室、民間企業のホールなどがあります。

要望によっては、船上や温泉旅館、アミューズメント施設などでの開催もあります。

医療関係セミナーに必要な準備ってどういうものなの?

学術大会やセミナーなどを実施するまでには、さまざまなステップと、項目があります。大きくはハード面とソフト面にわかれます。

ハード面では、会場確保、各種機材や通訳などの手配、装飾および飲食の発注などがあります。ソフト面では、講演される先生方への依頼や関連する交通・宿泊・謝礼等の手配、当日の発表資料の作成および参加者への案内発送とリスト作成などがあります。それに加えて、実施スタイルによってはコンパニオンの手配やMCナレーション原稿の作成ほか多くの業務が加わります。