アドバンテージ株式会社
ミーティング・ナビ ネットワーク

アドバンテージ株式会社
運営会社:アドバンテージ株式会社

MICE
MICE

フードアクションニッポン
フードアクションニッポン

学会運営に関する情報

医療関係セミナー(企業主催)については、「完全マニュアル」の「はじめに知っておきたい基礎知識」に記載しました。ここでは主に学会関連の「学術大会」について、その相違点をまとめます。

準備の開始時期が早い

企業および団体主催セミナーの場合は、約6か月前から企画し始めるケースが多いのですが、学術大会の場合はその規模にもよりますが、参加者数が数千人にのぼるケースが多く、広い場所(施設・部屋数)を必要とします。
規模やエリアにより、そのような大人数を収容できる施設には限りがあり、施設の空き状況とキャパシティの確認のためにも2年前には始動する必要があると思われます。

*ケースにより異なりますので、個別および詳細については「無料コンサルティング」までお問い合わせください。

お金の管理と資金繰りに注意

企業・団体主催のセミナーと違い、会員および参加者より参加費を受領することが多いため、「事前参加登録」と「参加費徴収」が必要になります。
学術大会開催に際しては、規模によっては多額の費用がかかるので、参加者数の把握および参加費の事前入金確認は非常に重要となります。
また一方で、前項に記しましたように約2年前より企画がスタートするものの、実際に参加費として、または賛助会員の企業などから協賛金として入金されるのは、開催日直前もしくは事後となるため、その間の資金繰りにも注意が必要となります。

「事前参加登録」等のシステムについては、ミーティング・ナビ内でもお試し版を公開しております。
また詳細については「無料コンサルティング」までお問い合わせください。

必要な準備・ステップが多い

約2年前に企画をスタートする必要があるのは、その間のステップが多く、また必要な準備が多数あるためでもあります。

大規模な学会の学術大会になるほど、準備委員会の立ち上がりから、各種委員会の設置とそれぞれに関係する先生方による定期的な打ち合わせを経て、「演題募集」および当日タイムテーブルの調整、ホームページ開設と演題登録、抄録集の作成や賛助会員企業のランチョンセミナー等の企画など多岐にわたる項目をもれなく進行していく必要があります。

専用ホームページの開設に関してや、演題登録システムについては、ミーティング・ナビ内にもお試し版を公開しております。
詳細については「無料コンサルティング」よりお問い合わせください。